自毛植毛にも手術方法に種類がある

人工的ではなく、自然なスタイルで薄毛を確実に改善出来る方法といえば自毛植毛です。自分の毛根(ドナー)を薄毛の部分に植え付けて、自毛を成長させるのが自毛植毛にはFUE法とFUT法、ニードル法という3つの手術方法があります。

 

手術方法によって仕上がりは異なりますし、薄毛の状態で適している手術方法も違うので、自毛植毛を検討している方は基礎知識として種類を知っておくといいですね。

 

FUE法「Follicular Unit Extraction」

 

FUE法というのはドナーを採取すること、ホールを作成すること、そして移植をするという3つの工程を行う自毛植毛です。まずは1mm程度のパンチを使って、後頭部からドナーを採取します。

 

次に、移植する薄毛の部分に毛穴(ホール)を作って、そこに毛根を植え込んでいきます。FUE法の特徴は、メスを使わないので痛みが少なく、手術痕も残らないということが挙げられます。

 

また、毛穴サイズのパンチを使って採取していくため、健康で状態が良い髪の毛や髪の本数を細かく選べることも特徴と言えるでしょう。

 

FUT法「Follicular Unit Transplantation」

 

FUT法は、ドナーを切り取って採取し、スリット(切れ目)を作成して移植するという方法で行います。工程だけを見るとFUE法と同じように見えますが、ドナーの採取方法と植え付ける方法が異なります。

 

FUT法では、メスを使ってドナーの部分を切り取り、移植する部分にメスでスリットを作って植え付けていきます。麻酔を使うので手術中の痛みはないものの、術後は痛みが発生しますし、手術痕も残ります。

 

ただし広範囲を移植する場合には適していますし、技術的にもFUE法よりは簡単なので自毛植毛手術の中ではリーズナブルに行える手術方法と言えるでしょう。

 

ニードル法

 

ニードル法は、特殊な針(ニードル)を使って行います。他の自毛植毛のように移植部分の手術を行ってから植え付けるのではなく、ニードルで穴あけと植え付けを同時に行えるのがニードル法の特徴です。また、シングルヘアグラフトと言って、採取も1本1本の髪の毛を使います。

 

そのためリスクなく簡単に移植ができること、手術痕が残らないのがニードル法の魅力と言えるでしょう。ただし、1本ずつの手術になるため手術時間は長くなりますし、高度な技術が必要で費用も高額になります。

 

さらに移植できる髪の量には限りがありますし、成長している髪を移植していくため、髪密度を高めるには限界があります。

 

自毛植毛は、手術の種類で費用や手術時間、術後のケア方法などあらゆることが違ってきますから、安易に決めないで自分に適した手術方法をカウンセリングでじっくり相談して下さい。

植毛ランキング