自毛植毛を受けた後に起こるトラブルの事例とは?

プロペシアのような副作用の心配はなく、技術の進化によって安全性もどんどん高まっているのが自毛植毛の魅力です。どんなタイプの薄毛にも有効なので、育毛剤のように効果があるのかないのか分からないままケアを続けるストレスもありません。

 

ただ、そんなメリットだらけの自毛植毛であっても、トラブルが起こる可能性があるのは事実です。自毛植毛で納得のいく仕上がりにするためには、事前にどのようなトラブルがあるかを知っておくといいでしょう。

 

自毛植毛による頭皮トラブル

 

自毛植毛の手術の種類によって症状は異なるのですが、植毛を受けた後に頭皮がデコボコになることがあります。特に、頭皮を切り取って移植するFUT法の場合、切り取った部分は縫合するため傷が出来てしまい、その部分の皮膚の組織が変性することでデコボコにやりやすいと言われています。

 

このような症状はピットスカー現象というもので、経験の浅い医師が行ったりすると、表皮より毛包が深く押し込まれることで引き起こされることがあります。形成外科などで治療をすれば治る症状ですが、そうなると別途費用がかかるのでトラブルになることが多いです。

 

経験豊富な医師であればこういった失敗をすることはほとんどないので、医師の実績というのをしっかりチェックしましょう。

 

イメージと違う

 

植毛を行うのは医師であり、美容師ではありません。医師にとって重要なのは、安全に植毛をすることや移植した毛をしっかり定着させること、そして発毛させることです。ですので、髪型というのは医師の仕事の中には入っていないと思っておきましょう。

 

植毛後の髪型のイメージが曖昧だったり、植毛後すぐにはできないような髪型だったりすると、当然ですが植毛をしても自分の思い描くような仕上がりにはなりません。

 

一度植毛をするとやり直しをするのは大変ですから、事前にしっかり医師と打ち合わせをしてイメージに近い仕上がりになるようにすることが大切です。

 

髪が抜けてしまった

 

自毛植毛をした後に、髪が抜け落ちるというトラブルも少なくありません。しかし、これに関しては正常な状態なのでトラブルではないのです。移植したての毛根は一度休止期に入って成長がストップするため、移植後に抜け落ちていきます。

 

せっかく植毛した毛やその周りの毛が抜けたら焦るのは当然ですが、これはヘアサイクルによるもので、少し経つと成長期になってまた生えてくるので問題ありません。

 

自毛植毛をすれば、薄毛になる前の状態に戻ると思っている方も多いでしょう。しかし、きちんとカウンセリングをしておかないと、頭皮トラブルやイメージの違いなどで満足のいく仕上がりになりません。

 

植毛を成功させるためにも、トラブルのリスクを避けるためにも、医師やクリニックは実績のあるところを選んでください。その上で、納得がいくまでカウンセリングで相談しましょう。

植毛ランキング