ロボット植毛機ARTASは人の手よりも優れているのか?メリットデメリット

近年はロボットの開発が盛んで、介護ロボットなど人間の生活をサポートしてくれるタイプも発表されていますね。こういった進化は植毛業界にも影響を与えていて、植毛を行うことができるARTASというロボットが開発されました。失敗すると大きなリスクを伴う植毛ですが、ロボットに任せてしまっても大丈夫なのでしょうか。

 

ARTASとは?

 

ロボット植毛機のARTASは、植毛におけるすべての工程を行うわけではありません。現時点でARTASができるのは、毛根(ドナー)を採取することだけです。採取方法はニードル法と同じで、ARTASに搭載されているニードルシステムで毛根を1つずつ採取していきます。

 

ARTASには、高性能CCDカメラとデータ記録機能が備わっています。ただし、採取を判断するのはARTASではなく医師です。医師はARTASから送られてくるデータをモニタリングし、移植に適した毛根であれば、ARTASを操作して毛根を採取するという仕組みになっています。

 

ARTASのメリット

 

医師が毛根を採取する場合、当然ですがすべて手作業になります。細かい作業ですから時間もかかりますし神経的にも大きな負担があるため、医師であっても手元が狂って毛根を傷つけてしまうことがあります。毛根が傷ついてしまったら定着率は大幅にダウンしますが、ARTASなら的確に毛根を傷つけることなく採取できます。

 

つまり、下手な医師が行う採取よりも確実かつ安全に採取ができるのがARTASのメリットです。また毛根をしっかりくり抜けるので、定着率が高くなるのも大きなメリットですね。こういったメリットみれば分かるように、採取の技術に関しては未熟な人の技術よりも優れているのがARTASの一番のメリットと言えます。

 

ARTASのデメリット

 

ロボット開発には莫大な費用がかかりますが、特にARTASのように特殊な技術がこなせるロボットだと設置に高額な費用がかかります。医師の負担が減らせるとしても設置費用が高いので、それを回収するためにARTASによる施術費用も高くなります。

 

また、高額なだけに取り入れているクリニックも限られているので、通える範囲のクリニックではARTASを設置しているところが見つからないこともあるでしょう。つまりARTASで植毛したいと思ってもできないことの方が多いのが、ARTASのデメリットになります。

 

植毛に安全性や確実性を求めるのであれば、ARTASを利用するのが一番です。ですが、導入しているクリニックはまだまだ少ないので、環境が整うまでは我慢が必要かもしれませんね。

植毛ランキング