植毛をした後もAGAの治療薬は使った方が良いのか?

男性の薄毛の中でも、もっとも多いと言われているのはAGA(男性型脱毛症)です。一昔前はAGAを改善出来る治療法はありませんでしたが、現在は治療薬によって改善することが可能になっています。

 

と言っても、AGA治療は時間がかかりますから、それよりも短期間で確実な効果を得られる植毛を検討している方もいるでしょう。そこで気になるのが、植毛をすればAGA治療はしなくても良いのかということですね。

 

AGA治療薬の働き

 

AGAというのは、生え際や頭頂部などから薄毛が進行する特徴を持った脱毛症です。この脱毛症の原因となるのは、5αリダクターゼという酵素になります。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼとくっつくと、ジヒドロテストステロンというホルモンに変わります。

 

ジヒドロテストステロンは髪の成長サイクルを乱したり、皮脂の分泌を促進して頭皮環境を悪化させたりして脱毛を引き起こします。AGA治療薬は、5αリダクターゼの働きを阻害することで、ジヒドロテストステロンの生成を防いでAGAを改善していきます。

 

植毛後もAGA治療は必要?

 

結論から言うと、植毛に成功したとしてもAGA治療薬は使った方が良いです。植毛ではジヒドロテストステロンの影響を受けていない毛根組織を植え付けるので、植毛後しばらく、脱毛症状は起こりません。それに、もともと生えていた部分の髪の毛の性質が引き継がれますから、男性ホルモンの影響も受けにくいです。

 

しかし植毛したからといって、AGAが起きていた部分の5αリダクターゼや男性ホルモンがすべてなくなるわけではありません。つまり、髪の毛が男性ホルモンの影響を受けにくいとしても、移植した部分は影響を受けやすいのでAGA治療は続けた方が良いと言えます。

 

AGA治療薬を使った方が良い理由

 

せっかく植毛したのだから、AGA治療は症状が出てからでいいだろう、と思うかもしれません。確かに植毛したのに治療を続けるというのは面倒ですが、AGA治療は発症してから始めるより、事前に行っておいた方がよく効くのです。AGAは5αリダクターゼとテストステロンが結合することで発症します。

 

AGA治療を続けていればジヒドロテストステロンが作られるのを未然に防ぐことができるので、AGAの発症自体を防げます。植毛した髪はずっと生え続けますし、AGAを発症させなければ薄毛に悩む必要もなくなります。

 

だからこそ、多少面倒でもAGA治療薬を使った方が良いのですね。ちなみにAGA治療薬は発毛を促す効果もあり、植毛した髪を健康に成長させてくれるメリットも得られるので、治療を続けるのは予防と育毛、一石二鳥の効果につながります。

植毛ランキング