スカルプリダクションの特徴と危険性、メリットデメリットとは?

薄毛に悩む人の救世主として知られているのがスカルプリダクションです。本当に効果があるという話を聞いて多くの方がスカルプリダクションを試そうとするのですが、その特徴だけではなくメリットやデメリットを理解しておかないと後々大変なことになります。

「スカルプリダクションは即効性の薄毛治療」

 

スカルプリダクションは植毛の一種ですが1本ずつ植えていくのではなく一度に広範囲をカバーするという特徴があります。その方法は薄毛の頭皮を切り取り、周辺の皮膚を縫い合わせるというものです。もちろん手術になりますので医療機関で治療を受ける必要はありますが、非常に短時間で薄毛が解消されるという特徴があります。1980年代に登場したスカルプリダクションは今すぐ薄毛をどうにかしたいと言う人にとって大きな希望となったのです。

 

「スカルプリダクション最大のメリット」

 

スカルプリダクションのメリットを見てみると、手術ではあるもののかかる時間は非常に短く日帰り手術も可能だということです。頭を切るというと怖いイメージを抱く人も多いですが、スカルプリダクションは薄毛の部分だけの皮膚を切り取るのでそれほど怖くはありませんし、麻酔が効いている間に終わってしまいます。手術時間さえ乗り越えれば薄毛が解消されますので即効性も高く自分に自信を持つことができるようになるのです。

 

「スカルプリダクションのデメリットは様々」

 

スカルプリダクションのデメリットは副作用が起こる危険性があることです。1980年代から広く知られるようになったスカルプリダクションですが、実は手術の副作用により手術をした部分の周辺の髪の毛が抜けることがあります。また皮膚の縫い合わせにより血管や頭皮などが引っ張られてしまい、頭皮に負荷がかかったり毛細血管の機能が低下してしまったりすることもあります。また移植とは違いますのであなたの体自身から生える髪の毛の量が変わるわけではありません。ですからボリュームダウンが気になるという方にはあまり向かない方法と言えるでしょう。

 

さらにスカルプリダクションは手術ですのでいくら麻酔をしているからと言っても恐怖心を持つ人はいます。一度も手術をしたことがない、頭の手術に恐怖心がぬぐいきれないという方です。その場合は事前にきちんと医師からのカウンセリングを受け、不安や疑問などを払しょくしましょう。またクリニックの多くは危険性が高いということでスカルプリダクションを進んで取り入れるより別の植毛方法を勧めてくることが多いので、セカンドオピニオンなどを利用しながらあなたにピッタリの植毛方法を選んでみてください。

植毛ランキング