自毛植毛を早く受けた方が良い場合の理由とは?

薄毛が気になり始めたら、まず実践するのは育毛剤によるケアではないでしょうか。確かに、一時的な薄毛であれば育毛剤で十分に改善できますし、それほど進行していないのに自毛植毛を受ける必要はないと思うのは当然です。

 

ですが育毛剤を使っても薄毛を改善できず、進行してしまっている人が多いのが実情です。進行するとセルフケアでは解決できなくなりますし、確実な薄毛治療法と言われる自毛植毛であっても満足できる効果が得られないため早めに受ける必要があるのです。

 

自毛植毛は最終手段?

 

自毛植毛は、どんなケアをしても薄毛が改善出来なかった時のための最終手段と思っている方も多いでしょう。最終手段ということは、かなり薄毛が進行している状態で行うことになります。

 

自毛植毛をしなくてはいけないと思うタイミングは人によって違いますが、一般的にはおでこがかなり広くなった状態だったり、落ち武者のような状態になったら植毛が必要というイメージがあるのではないでしょうか。

 

ですが、移植する範囲が広いということは、その分必要な髪の量が多くなります。いくらふさふさで健康な髪がたくさん生えていても、くり抜いてしまえばその部分は薄くなります。

 

つまり、移植する髪の量が多ければ後頭部が薄くなってしまいますから、自毛植毛は決して最終手段ではないのです。

 

早く受けるメリット

 

まだそこまで進行していないのに、高額な自毛植毛を受けるのはもったいないような気がするかもしれませんね。ですが、自毛植毛は移植する髪の量が多いほど料金が高くなります。明らかに目立つ薄毛を改善するには、より多くの髪を移植しなくてはいけないので料金もその分増えます。

 

しかし早い段階なら移植分が少なくなるので、費用を抑えることができます。さらに、移植する範囲が狭くなれば体への負担も軽減されますから、人によっては薄毛の進行を抑える効果も期待できます。このように早く自毛植毛を受けることにはいろいろなメリットがあるのです。

 

髪の量には限界がある

 

毛根組織は成長期を過ぎたら新しく作られるものではないので、成人になったら毛根の数が決まっています。自毛植毛というのは、新たに毛根組織を作り出す手術ではありません。限られた数の毛根を、薄毛の部分に移し替えるという手術ですから、頭全体の毛根の個数は変わらないのです。

 

つまり移植できるとしても、無限に髪を増やせるわけではないということです。髪の量には限界があるのですから、自毛植毛で満足する結果を得たい場合には、毛根が十分に足りる段階で手術を行うのがベストなのですね。

 

自毛植毛のタイミングを判断するのは難しいですが、遅ければ遅いほどあらゆるリスクがあるので、早めに決断した方が良いということを覚えておきましょう。個人によっても事情は様々です。まずはカウンセリングで医師に相談してから植毛のタイミングを判断しましょう。場合によっては時期尚早と止められる場合もあります。

植毛ランキング