自毛植毛を受けたことでドーピング検査に引っかかることはないのか?

運動不足でもなく、食事や睡眠までしっかり管理しているスポーツ選手ですが、意外に薄毛の人が目立ちます。本来なら規則正しい生活習慣は薄毛の改善に効果的なのですが、スポーツ選手に薄毛が多いのは男性ホルモンが関係していると考えられます。

 

男性ホルモンによる薄毛はAGAという脱毛症なので、自毛植毛や治療を受けないと改善できません。ただ、AGA治療は特殊な薬剤を使うので、ドーピング検査に引っかかった選手もいたそうです。

 

自毛植毛とドーピング検査

 

自毛植毛によってドーピング検査に引っかかるか、ということに関しては、現時点では引っかかるなどの情報は見当たりません。当たり前ですが、自毛植毛で使うのは麻酔ぐらいですから、ドーピング検査に引っかかるわけはないのですね。

 

もし麻酔で引っかかってしまったら、怪我の治療をすることもできません。ですので、自毛植毛だけであればAGA治療を行っても問題ないと言えるでしょう。ただしあくまでも自毛植毛だけのことで、そのほかのAGA治療を行う場合には注意が必要になるようです。心配な場合は必ず医師に相談しましょう。

 

ドーピング検査に引っかかるAGA治療とは?

 

AGAを改善して抜け毛を防ぐフィナステリドは、そもそも禁止薬物でした。フィナステリドは、脱毛の原因となるジヒドロテストステロンを減少させる働きを持っています。この働きは薄毛には効果があるものの、弊害として筋肉増強剤の使用痕跡を消すという働きにつながってしまうのです。

 

筋肉を増強するにはジヒドロテストステロンの働きが必要になるのですが、普通の状態だと筋肉を大きく育てるほどは生成されません。筋肉増強剤はこのジヒドロテストステロンを増やす薬剤が配合されているので、筋肉の発達を促進できます。

 

本来ならジヒドロテストステロンの量が異常に増加したらドーピングが疑われるのですが、フィナステリドはその痕跡を消せることから使用禁止となったのですね。

 

フィナステリドの現状

 

以前は禁止薬物だったフィナステリドですが、今は禁止ではありません。禁止薬物は毎年見直されていますし、検出技術も向上しています。現在は、フィナステリドを使っても筋肉増強剤の使用を見抜けるようになったので、特に禁止にしておく意味もないのですね。

 

ですので、フィナステリドを始めとしてAGA治療でドーピング検査に引っかかることはありません。フィナステリドが禁止薬物から除外されたのは2009年ですから、それなりの年月が経っているのです。

 

過去にはドーピングとされた薬剤であっても、基本的に今は除外されていますから、スポーツをしている方でも安心して薄毛治療に励むことができますね。ただ、念のために医師に確認することは怠らないでください。

植毛ランキング