AGA遺伝子検査の検査方法や信憑性

最近は、男性だけでなく女性でも薄毛に悩む方が増えていますが、その多くがAGAだと言われています。男性ホルモンや5αリダクターゼという酵素によって起こるAGAは、遺伝の影響が大きいとされていて、AGA遺伝子を持っているかどうかで発症率が変わってきます。

 

事前にAGA遺伝子を持っていることが分かれば、予防のための対策もしやすいので、両親や親戚に薄毛が多い場合は遺伝子検査をしておくといいですね。

 

検査キットを使い自分で検査をする

 

病院に行く時間がない、AGA遺伝子検査を受けるのは恥ずかしいという方は、自宅で検査をする方法があります。インターネットでAGA遺伝子検査キットを検索すると、いろいろな検査キットがヒットしますから、こういったものを利用して検査をしましょう。

 

検査と言っても難しいことはなく、やり方には微妙な違いはあるものの、ほとんどは採取綿棒で両頬の内側の粘膜を採取するだけという簡単な方法で行います。粘膜を採取したら、後は必要書類に機銃して返信用の封筒に入れて送り返すだけです。検査が終わると、結果が送られてくるので誰にも内緒で簡単にAGA遺伝子の検査ができます。

 

病院でのAGA遺伝子検査

 

AGA専門のクリニックやAGA治療を行う病院でも、AGA遺伝子検査をすることができます。クリニックや病院でも、AGA遺伝子検査の基本は口内の粘膜を採取して行います。もし粘膜による検査が信じられないという場合は、髪の毛の根元にある毛包の遺伝子を検査してくれるところを選びましょう。

 

中には血液検査でAGA遺伝子を検査するところもありますが、血液でも粘膜でも毛包でも、体の細胞はすべて同じ遺伝情報を持っていますから、自分に負担のない方法を選んでください。また、クリニックなどで検査をしてAGAの確率が高いという場合、そのまま治療を受けることも可能なので、便利さで言えばクリニックに軍配が上がります。

 

AGA遺伝子検査の信憑性

 

遺伝子というのは、専門的な知識を持っていない限り、どのような構造になっているのか理解できません。そのため遺伝子レベルでAGAのリスクが高いと言われても、いまいち信用できないという方もいるのではないでしょうか。AGA遺伝子検査の信憑性は、残念ながら半々と言えます。

 

そもそも、AGA遺伝子検査で判明するCAG+GGCのリピート数はAGAのリスクとはほとんど関係がないのです。ただ、それでもリピート数が多ければリスクが高まるのは事実なので、検査は無駄ではないと言えるでしょう。

 

エビデンスレベルで言うと信憑性が低いAGA遺伝子検査ですが、リスクの高低を知っておけば対策も始められるので、気になる方は検査をしておくといいですね。

植毛ランキング