AGAが発症するメカニズム

男性の薄毛の9割を占めると言われるAGAは、年齢に関わらず発症します。AGAで薄毛になっている場合は、どんなに高額な育毛剤でケアをしても、頭皮マッサージをしてもなかなか改善できません。薄毛は栄養不足や頭皮の血行不良などが原因ですが、それを改善しても薄毛になるAGAとはどのようなメカニズムで発症するのでしょうか。

 

ジヒドロテストステロンについて

 

AGAに関して調べていると、必ず出てくるのがジヒドロテストステロンというワードです。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の性器を発達させる重要なホルモンです。ただし、必要な働きをするのは性器の成長だけで、後は皮脂の分泌量を増加させたり、体毛を濃くするなど厄介な働きしかありません。

 

その働きの中でも一番不要なのが、髪の成長を妨げるということです。ジヒドロテストステロンは神経に作用して、髪の成長を促す信号をブロックする脱毛スイッチを持っているのです。そのためこれから成長しようとしている髪はもちろん、現在成長期である髪の成長もストップさせてしまうため、AGAが引き起こされるのです。

 

ジヒドロテストステロンを作るものは?

 

ジヒドロテストステロンは自然に分泌されるものではなく、ある酵素によって生み出されます。その酵素とは5αリダクターゼといって、常に分泌されるテストステロンが結びつくことで変性し、ジヒドロテストステロンが作られるのです。

 

極端に言うと、5αリダクターゼさえなければジヒドロテストステロンは生成されないので、AGAになることもありません。そのため、AGA対策などでは5αリダクターゼを抑制するフィナステリドなどの薬効成分が使用されるのですね。

 

AGA発症のメカニズム

 

実は、AGAを発症させるのは男性ホルモンレセプターです。ジヒドロテストステロンや5αリダクターゼもAGAの原因になりますが、男性ホルモンレセプターがなければ脱毛スイッチは入りません。AGA発症のメカニズムは、まず5αリダクターゼによってテストステロンがジヒドロテストステロンに変性することから始まります。

 

次に、ジヒドロテストステロンが男性ホルモンレセプターと結合すると、脱毛のスイッチが入ります。そして発毛スイッチがオフになり、髪の成長がストップしてAGAが引き起こされるのですね。

 

メカニズムを見ると分かるように、AGAにはあらゆる組織やホルモンが関わっています。その中でも脱毛スイッチの電源と言えるのが男性ホルモンレセプターなので、AGA対策はこのレセプターの働きを無効にすることがポイントになると言えるでしょう。

植毛ランキング